福島県いわき市立豊間小の児童にプレゼントを渡すフィギュアスケート女子の浅田真央選手=1日午後、仙台市泉区

 フィギュアスケート女子の浅田真央選手(中京大)と姉の舞さんが1日、東日本大震災の復興支援活動として仙台市内のスケート場でチャリティー教室を開き、小学生約70人とチーム対抗リレーや質疑応答などで交流した。被災児童自立支援プロジェクトの協力で、福島県いわき市立豊間小や宮城県石巻市立釜小、雄勝小の5、6年生を招待した。大半の児童がスケート初体験で、浅田姉妹は手を取るなどして寄り添って滑り方を指導した。