T−4 ブルーインパルス=航空自衛隊提供  東日本大震災で津波による被害を受けた航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)で31日、アクロバット飛行隊「ブルーインパルス」の帰還式が行われた。予定していたデモ飛行は天候不良で見送ったが、ブルーインパルス6機が約2年ぶりに松島基地に戻った。  小野寺五典(いつのり)防衛相は式典で、約70人の隊員に「帰還は復興を象徴する出来事だ。今後も、高い飛行技術を披露してほしい」と激励した。震災が起きた際、部隊は九州にいたため無事だったが、隊員は駐機場のかさ上げが終わるまで芦屋基地(福岡県芦屋町など)を拠点に訓練を続けていた。【青木純】