白川が氾濫し、孤立した民家に取り残された住民=熊本市で2012年7月12日午前10時14分、本社ヘリから加古信志撮影  活発な梅雨前線の影響で九州地方は熊本、大分両県を中心に12日未明から記録的な大雨になった。この雨で熊本県内で、3人が死亡し13人が行方不明となり、大分県内でも1人が死亡、1人が不明となった。福岡管区気象台によると、熊本県阿蘇市で1時間に108ミリの観測史上最高の雨量に達した。24時間降水量も最大で、同阿蘇市507.5ミリ▽同菊池市327ミリ▽大分県竹田市253.5ミリ−−を観測した。両県で少なくとも6万8000人に避難指示が出た。