孤立した国見温泉から、自衛隊のヘリで救出された宿泊客(左)=岩手県雫石町七ツ森で2013年8月10日午前10時47分、金寿英撮影  秋田県境に近い岩手県雫石町の国見温泉は9日の大雨で道路が寸断され、2旅館の宿泊客ら計22人が孤立。災害派遣要請を受けた自衛隊がヘリで10日朝から救出活動をした。助け出された埼玉県ふじみ野市の主婦、荻原皓代(てるよ)さん(67)は「昨夜は不安だった。無事に帰れそうでホッとした」と話した。  同町では上野沢地区にも32世帯計64人が孤立。電気や電話、水道が使えず、自衛隊が同日朝、徒歩で現地に入り、食糧などの救援物資を運び込んだ。【金寿英、浅野孝仁】