1時間雨量が7月の観測史上最大となる強い雨が降り、冠水した道路を走る車=石川県小松市川辺町で2013年7月29日午後3時41分、大原一城撮影(一部画像を加工しています)  朝鮮半島から北陸地方に延びた前線に向かい南から湿った空気が流れ込んだ影響で、西日本は29日も大気の状態が不安定で、北陸地方や近畿地方の一部で激しい雨に見舞われた。  国土交通省金沢河川国道事務所によると、小松市を流れる梯(かけはし)川の水位は同日夕、観測史上最大の5.23メートルに到達した。他の川も増水したため、小松市は一時、4484世帯の1万3110人に避難指示を出し、1494世帯の4281人に避難勧告をした。また、隣接の石川県能美市も140世帯454人に避難指示を出した。【近藤諭、大原一城】