11日午前5時半頃の仙台市内の七北田川の様子。

 仙台管区気象台は11日午前3時20分、宮城県全域に大雨特別警報を発表した。栃木県・茨城県の一部にも引き続き大雨特別警報が発表されている。これまで経験したことない記録的な大雨になっている地域があり、土砂災害や河川の氾濫などに最大級の警戒が必要だ。また、福島県でも氾濫危険水位を超えている河川がある。

 台風18号から変わった低気圧と、東海上にある台風17号の影響で、湿った空気が東北南部周辺へ流れ込み続けているため、活発な積乱雲が同じような地域にかかり続けている。
 宮城県で非常に激しい雨が降りやすい状況は朝のうちまで続く見込みで、その後は東北北部に移っていくとみられる。東北地方であす朝までの24時間に予想される雨量は、多い所で150ミリ。昼前までは1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がある見込みだ。

 関東地方は大雨の峠は越えているが、これまでの雨で地盤が緩み河川も増水しているため、引き続き厳重な警戒が必要だ。東北地方では雨が止むとみられる昼以降も、土砂災害や河川の増水や氾濫、低地の浸水などに引き続き最大級の警戒が必要となる。