台風10号の影響で流木に覆われた道路と橋=岩手県岩泉町で2016年8月31日午前8時45分、本社機「希望」から丸山博撮影

 東北地方を直撃した台風10号がもたらした集中豪雨は、東北地方や北海道に大きな被害をもたらした。岩手県岩泉町の高齢者グループホームでは31日、お年寄り9人が遺体で発見され、災害弱者が犠牲になった。同町内では停電が続き、町役場周辺の電話もつながりにくい状態だ。道路が塞がれ自宅に取り残された人もいる。被災地の住民は不安と焦燥感を募らせる。【藤井朋子、中尾卓英、岩嶋悟】

 9人の遺体が確認された同町乙茂の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」。南側を流れる小本川が氾濫し、平屋建ての建物に水や大量の流木が流れ込んだとみられる。同町社会福祉協議会によると「楽ん楽ん」に併設されている3階建ての高齢者施設「ふれんどりー岩泉」の2階部分まで水が入った。当時、施設にいた70~80人を3階に避難させていたという。

 同町内に住む「岩泉まつたけ組合」代表の熊谷正己さん(70)は電話取材に「大変なことになった」と動揺した様子で話した。30日夜は3時間ほど猛烈な雨が降ったという。

 停電になったため、周囲の状況はよく分からなかったが、朝になり家を出ると、町の中心部が冠水していた。町内を流れる小本川にかかる橋にはおびただしい数の流木が絡まり、大きな倒木が道を塞いでいた。「30日午後9時ごろに氾濫したようだ。近くの介護施設ではロープで入居者を救助したと聞いた。岩泉町でこんな被害が出るのは初めてだ」と話した。

 グループホーム「楽ん楽ん」から車で10分ほどの場所に住む同町内の和久石たい子さん(56)は「町内の橋は欄干が流されたり、道路も大きな岩などで寸断されたりして身動きがとれない」と悲鳴を上げた。同町では29日から雨が降り続き、30日の小本川の水位は見たこともないくらい上昇していたという。