大雨で鬼怒川が決壊し、自衛隊のヘリで救助される人=茨城県常総市で2015年9月10日午後3時12分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 大雨災害を受け、政府は10日、安倍晋三首相が出席して関係閣僚会議を首相官邸で開いた。首相は「事態は重大な局面にある。取り得る限り、最大限の勢力を動員するよう指示した。国民の命を守るために一刻の猶予もない」と述べ、警察、消防、自衛隊、海上保安庁などに救助に全力を挙げるよう求めた。

 会議で首相は(1)被災者の救命・救助に全力を尽くす(2)取り残されている被災者がいないか、早急に状況を把握する(3)避難が確実に行われるよう万全を期す--の3点を指示した。

 菅義偉官房長官は会議後の記者会見で孤立・不明者や救助要請の数について「把握していない。救助要請があったところから逐次、そこに向けて懸命の作業をしている」と説明した。【高本耕太】