高速増殖原型炉もんじゅ=福井県敦賀市白木で、柳楽未来撮影

 日本原子力研究開発機構は14日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、不法侵入対策の確認作業のため屋外のフェンスから飛び降りた危機管理室長代理の男性職員(58)が、両足のかかとを骨折する事故があったと発表した。全治2カ月という。原子力機構は「安全に対する配慮が不十分だった」としている。

 原子力機構によると12日午後2時ごろ、外部からの侵入者がフェンスを乗り越えるのに要する時間を確認するため、男性職員がフェンスに上り、飛び降りた際に骨を折った。フェンスの高さや詳しい場所は、核物質防護を理由に明らかにしていない。

 原子力機構はこれまでも、国からの指導で必要に応じて同様の確認作業をしていた。今後は着地点にマットを敷くなどの対策をとるという。【柳楽未来】