関西電力の大飯原発3号機(奥)、4号機=福井県おおい町

 全国で唯一稼働している関西電力大飯原発の3号機(福井県おおい町)で6日午後2時半ごろ、内部電源の一部が停電した。関電によると、停電は1分後に復旧し、外部への影響はないという。原発の運転は継続している。原子力規制庁によると、停電したのは3号機の計器類などに電気を供給する「非常用直流電源」。関電によると、教育訓練中の運転員が電源のブレーカーに誤って接触したのが原因とみられる。