志賀原発敷地内の断層(写真:産経新聞)  経済産業省原子力安全・保安院は17日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)と北陸電力志賀原発(石川県志賀町)の敷地内を走る断層の活動性について検討する専門家会議を開き、専門家から「現地調査をすべきだ」との意見が相次いだ。保安院は月内にも現地調査の是非を判断するが、「専門家の意見を重く受け止める」としており、調査は避けられない情勢だ。