関西電力美浜原発の(手前から)1号機、2号機=福井県美浜町

 関西電力は17日に開いた臨時取締役会で、運転開始後40年以上たった美浜原発1、2号機(福井県)の廃炉を正式決定した。八木誠社長が同日午前に福井県庁を訪れ、西川一誠同県知事と面談し、2基の廃炉方針について説明する見通し。

 日本原子力発電も敦賀原発1号機(同)の廃炉を17日に決定した。同日午後、幹部が地元に報告する。

 関電は美浜原発2基について、原則40年とされている期間を超えて運転ができるかどうか検討していた。だが運転を続ける場合に必要な安全対策の工事費用などを回収できない可能性が高く、廃炉決定に傾いたとみられる。