4号機の燃料貯蔵プールでは、未使用燃料の取り出し作業が行われていた=17日午後、福島県大熊町(宮崎裕士撮影)(写真:産経新聞)

 産経新聞は17日、東京電力福島第1原発で、4号機燃料貯蔵プールなどの単独取材を行った。今月初旬にプールからの使用済み燃料の取り出し作業が終わったばかりで、この日からは未使用燃料の取り出し作業がスタート。廃炉作業は新たな段階に移った。

 4号機原子炉建屋は、事故時に定期点検中で炉心に燃料はなかったものの、水素爆発で損傷。1~4号機の中で、最も多くプールに燃料が保管されていたため、その取り出しが最優先の課題だった。

 強い放射線を出す使用済み燃料については1年かけて、今月初旬に1331体全ての取り出し作業が完了。残るはリスクの低い未使用燃料180体の取り出しを待つばかりだった。

 この日は、作業員5人が監視カメラをプール内に入れて未使用燃料の状態を確かめながら、1秒に1センチのスピードで慎重に作業を実施。クレーンが燃料の柄をつかむ際には、「カシャーン」と大きな音が建物内に響いた。プール内には空の容器が並んでおり、水の青白さが際立っていた。