5月24日、東電は、福島第1原発の事故で大気中に放出された放射性物質の量(ヨウ素換算)が、昨年3月だけで約90万テラベクレル(テラは1兆)に上るとの試算を初めて発表した。写真は昨年3月16日に撮影された、福島第1原発3号機(中央)。東電提供(2012年 ロイター)