放射性物質拡散予測「国の説明ない」…周辺自治体に困惑  原子力規制委員会が24日に公表した原発事故時の放射性物質拡散予測地図。避難の必要な高線量レベルに達する地点がどう広がっているかを示したもので、原発の周辺住民らの注目度は高い。原子力規制庁は「架空の前提条件に基づく試算だ」と衝撃を和らげるのに懸命だが、「国から何の説明も受けていない」という立地自治体もあり、困惑が広がった。【高木昭午、杣谷健太、樋口淳也、山本佳孝】