関西電力の高浜原発(手前から)1号機、2号機=2011年  24日午後3時半ごろ、福井県高浜町の関西電力高浜原発2号機の原子炉補助建屋で、塗装用の溶剤から出火した。原子力規制庁や関電によると、作業員がすぐ消火器で消し止め、けが人はおらず、原発施設や周辺環境への影響もないという。関電によると、塗料を早く乾かすために使う液体の固化剤と促進剤が余っていたため、作業員が補助建屋の通路でポリ容器に入れて混ぜたところ、火花と煙が上がった。これまでも混ぜ合わせて廃棄。