大間原発、活断層調査へ 規制委、工事中止の可能性も

建設工事を再開した大間原発=青森県大間町(写真:産経新聞)

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は28日の定例会見で、電源開発(Jパワー)が建設工事中の大間原発(青森県)について、敷地周辺の断層を調査することを明らかにした。時期は未定だが、活断層が存在し原発に影響することが判明すれば、工事中止を求める可能性もある。