福島第1原発4号機 断面図(写真:産経新聞)  東京電力は26日、福島第1原発4号機の原子炉建屋内部を報道陣に初めて公開した。細野豪志原発事故担当相が、屋根がなくなった5階フロアなどを視察、報道各社の代表が同行した。  4号機は昨年3月の水素爆発で大破。コンクリート壁が吹き飛び、黄色い原子炉格納容器の蓋はあらわになったまま。多くのがれきは放置され、爆発のすさまじさを物語っていた。