福島第1原発4号機の燃料貯蔵プールから、未使用の燃料集合体を取り出した=19日(東京電力提供)(写真:産経新聞)

 東京電力は19日、福島第1原発4号機の燃料貯蔵プールに保管されている未使用の燃料集合体2体を試験的に取り出す作業が完了したと発表した。東電は「見た範囲で、燃料の変形や腐食は認められなかった」としている。

 東電によると、作業は18、19日の2日間に分けて実施。重さ約300キロ、長さ約4メートルの黒い色した燃料集合体をクレーンでつり上げ、1体ずつプールから取り出した。

 つり上げる際に、作業員は燃料に水をかけて表面を洗って拭いた上で、緑色のビニールシートで包み専用の保管容器に入れた。保管容器は19日に大型クレーンで地上に降ろし、敷地内の共用プールに運んだ。