中部電力浜岡原発。手前が1、2号機=2011年2月、静岡県御前崎市  中部電力は17日、廃炉に向けて作業中の浜岡原発2号機(静岡県御前崎市)の耐震安全性を再評価し、結果を10月中に経済産業省原子力安全・保安院に報告すると発表した。使用済み核燃料プールに燃料が残っているため、目標とする地震動をこれまでより200ガル高い千ガルに設定し、より強い地震でも耐えられるかどうかあらためて評価する。2号機は1978年に営業運転を開始。2009年1月に運転を終了している。