パステルカラーで彩られた川内原子力発電所
 鹿児島県西部、東シナ海に面し、中規模の原子炉2基を有する。出力159万kwという国内最大級の3号機の建設計画があったが、震災により着工時期は未定。周辺に活断層が複数あると見られており、問題も多い。

撮影■太田真三