1次冷却水漏れのトラブルが起きた敦賀原発2号機(手前。福井県敦賀市)  日本原子力発電は30日、福井県の敦賀原子力発電所2号機(停止中)で放射性物質を含む冷却水が飛び散り、作業員10人にかかったと発表した。  作業員は布製のつなぎを着用しており、外部被曝(ひばく)や体内への取り込みは確認されていないという。  日本原電によると、同日午前10時50分頃、2号機の原子炉補助建屋の地下2階で、作業員が点検のために配管のバルブを取り外そうとボルトを緩めたところ、水しぶきが飛散した。  漏れた水の量は約160リットルで、国への報告基準(370万ベクレル)を下回る約27万ベクレルの放射性物質が含まれていたと推定されている。このバルブ付近には本来、これほど多くの水はたまっていないはずだったという。