建設が進む中部電力浜岡原発の防潮堤=18日、静岡県御前崎市で共同通信社ヘリから

 中部電力は20日、運転停止中の浜岡原発(静岡県御前崎市)の津波対策を見直し、防潮堤の高さを現在の18メートルから約4メートルかさ上げして22メートルとする方向で最終調整に入った。原発敷地内への津波の浸水を軽減し、安全性を高める。水野明久社長が同日の取締役会に諮った上で記者会見し、正式に表明する。内閣府が南海トラフの巨大地震で想定される浜岡原発周辺の津波高を最大19メートルとした推計を踏まえた。