九州電力川内原発1号機(手前)=7月、鹿児島県薩摩川内市

 九州電力は10日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を11日午前に起動し、再稼働させると発表した。14日に発電と送電を始め、9月上旬に営業運転を開始する予定だとしている。新規制基準に適合した原発の再稼働は全国で初めて。

 10日は原子炉内の核分裂を抑える制御棒の駆動検査を実施した。再稼働前の最終検査で、制御棒が規定時間内に原子炉に挿入できるかを確認した。11日は午前10時半ごろに起動後、午後11時ごろに核分裂が安定的に持続する臨界に達する見通し。