福島県の被災者に向けた応援メッセージが書かれたキャンドルホルダーを見詰める子どもたち=25日夜、福島市の福島競馬場

 東京電力福島第1原発事故に苦しむ福島県の被災者を光と音楽で応援しようと、約2万本のろうそくに灯をともすイベント「ふくしまアカリトライブ」が25日、福島市の福島競馬場で行われた。約200人のボランティアらがろうそくで「ふくしま」の文字や、日本列島とハートの模様などを形作った。日没後、灯がともされると、赤色やだいだい色の光が浮かび上がり幻想的な雰囲気に。キャンドルホルダーには復興を願うメッセージも。