報道陣に公開された、東京電力福島第1原発の陸側遮水壁の凍結状況。金槌で叩いて凍結状況を確認する、経産省の担当者=21日午前、福島県大熊町(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 経済産業省資源エネルギー庁は21日、東京電力福島第1原発の建屋に流入する地下水量を減らすために設置された「凍土遮水壁」の現地調査を実施。凍土壁の一部を掘り下げ、金づちでたたくなどして凍結していることを確認した。

 実際に地下水の流れを止められているかは詳細な分析が必要だが、同庁の担当者は「しっかり凍結している状況を確認できたのは一つの成果だ」と話した。

 凍土壁は1~4号機を囲むように地面を凍らせる計画で汚染水対策の“切り札”として期待されている。