ネパールのルクラからエベレストのベースキャンプに向かう登山客ら(2015年4月15日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】自らを冒険好きだと語っていた米グーグル(Google)幹部のダン・フレディンバーグ(Dan Fredinburg)さんが、25日にネパールで発生した地震後に世界最高峰エベレスト(Mount Everest)のベースキャンプを襲った雪崩で死亡していたことが分かった。同社とフレディンバーグさんの家族が明らかにした。

 数百人の登山客が集まっていたベースキャンプの一部が雪に埋まり、フレディンバーグさんを含む10人が死亡した。フレディンバーグさんと行動を共にしていたグーグルのローレンス・ユー(Lawrence You)プライバシー・ディレクターはブログに次のように書き込んだ。

「悲しいことだが、この悲劇の中でわれわれの仲間1人を失った。長年プライバシー部門の一員だったダン・フレディンバーグ…は他のグーグラー(グーグル社員)3人と共にネパールにいて、エベレストでトレッキングをしていた。彼は亡くなった」「彼と一緒にいた他の3人のグーグラーは無事で、われわれはいま急いで家に戻る準備をしている」