30日、ネパールの首都カトマンズで、大地震発生から約120時間ぶりにがれきの下から救出されたペンバ・ラマさん(中央)。ぬれた衣類から水を飲み、バターを食べて飢えをしのぎながら救助を待っていたという。