ネパール・カトマンズで、マグニチュード7.9の地震によって倒壊した塔「ダラハラ」の周りに集まった救助隊員や一般の市民たち(2015年4月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(一部更新、写真追加)ネパールで25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の地震が発生した。米地質調査所(United States Geological Survey、USGS)によると震源は首都カトマンズ(Kathmandu)の北西81キロ、観光名所ポカラ(Pokhara)の東68キロの地点で、震源の深さは15キロ。

 報道や現地の人の話によると揺れは30秒~2分ほど続き、ネパール全域に加えてインドの首都ニューデリー(New Delhi)などでも強い揺れが感じられた。当初、この地震のマグニチュードは7.5と発表されていたが、7.9に訂正された。

 カトマンズにいたAFP記者によると、現地では建物の壁が崩れ、建物の中にいた人たちが屋外に飛び出した。余震も起きているという。

 インドのナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相はツイッター(Twitter)で、「われわれは情報収集に当たっているところだ。わが国とネパール両国の被災者に支援の手を差し伸べようとしている」と書き込んだ。ニューデリーにあるAFPのオフィスでは2度にわたって中にいた人たちが避難した。