25日、強い地震に見舞われたネパールの首都カトマンズの病院の外で負傷の手当てを受ける男性ら(AP=共同)

 【ニューデリー共同】ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7・9の強い地震があり、ロイター通信はネパール警察当局者の話として、449人が死亡したと報じた。死者がさらに増える恐れがある。世界最高峰エベレスト(8848メートル)でも雪崩が起き、8人が犠牲となった。隣国インドや中国などでも被害が出た。

 在ネパール日本大使館が日本人の安否確認を急いでいる。日本の外務省によると、ネパールの在留邦人は約千人。

 ロイターなどによると、首都カトマンズでは塔が倒れ、少なくとも50人が身動きが取れない状況と報じた。