ニュージーランド(NZ)で14日未明(日本時間13日夜)、マグニチュード(M)7.8の地震が発生した。写真は首都ウェリントンで、地震後に建物から避難した人々。

 【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)南島で14日未明(日本時間13日夜)、マグニチュード(M)7.8の地震が発生し、少なくとも2人の死亡が確認された。

 多数の負傷者も出ており、救助や被災状況の確認を急いでいる。

 日本の在クライストチャーチ領事事務所によると、「邦人が被害に遭ったとの情報は確認されていない」という。震源地を含むカンタベリー地方には邦人約3000人が住んでいるとみられる。

 沿岸部には一時津波警報が出され、最大で2メートルの津波が観測された。日本には津波の影響はない。

 M5を超える余震も続いており、多くの被災地で住民が避難している。道路が寸断され、停電も発生している。キー首相は震災対応のため、今週予定されていたアルゼンチン訪問を見送った。

 米地質調査所(USGS)によると、震源地はクライストチャーチの北方約90キロに位置するハンマースプリングス。震源の深さは約23キロ。クライストチャーチ付近は2011年2月、強い直下型地震に見舞われ、日本人留学生28人を含む185人が犠牲になった。