県営名古屋空港を離陸し新千歳経由で米国へ向かうMRJの飛行試験初号機=16年8月28日午後0時58分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機が開発中のリージョナルジェット機「MRJ」の飛行試験初号機(登録番号JA21MJ)が8月28日午後0時58分すぎ、県営名古屋空港(小牧)から飛行試験の拠点となる米国モーゼスレイクへ向かうため、経由地の新千歳空港へ飛び立った。昨日は出発から約1時間で引き返したため、米国へ向かうフェリーフライト(空輸)は再挑戦となった。

 MRJは午後0時53分に名古屋空港を出発。フェリーフライト(空輸)のルートは、新千歳空港で給油後、ロシアのカムチャツカ半島、米国のアラスカを経てモーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ北回りで向かう。到着は現地時間30日夕方(日本時間31日午前)を予定している。

 今週に入り、機材点検などで二度の延期を経て、昨日27日昼に新千歳へ向けて出発。ところが、試験飛行空域で空調機器の状態を示す数値に異常が出たことから、出発から約1時間後の午後0時50分に名古屋へ戻った。28日は日曜日とあって、名古屋空港の展望デッキはMRJの出発をひと目見ようと、親子連れやデジタル一眼レフと超望遠レンズを持った航空ファンでごった返した。

 5機の飛行試験機のうち、年内に4機をモーゼスレイクへ持ち込む計画。赤いラインの飛行試験2号機(JA22MJ)は5月31日に初飛行に成功しており、黒いラインの飛行試験3号機(JA23MJ)と、赤と黒のラインの飛行試験4号機(JA24MJ)は、9月から10月にかけて初飛行にこぎ着ける見通し。ローンチカスタマーである全日本空輸(ANA/NH)の塗装を施した5号機は、名古屋空港を中心に、国内で飛行試験を進めていく。

 しかし、秋以降は雪の影響など、気象条件が厳しくなることから、計画通り年内に4機を米国へフェリー出来るかが課題となる。