スウェーデンでの日朝協議後、経由地の北京で報道陣の質問に答える北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使=2日(共同)

 【北京共同】北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使は2日、「われわれは今まで日本側の要請を断ったことはない」と述べ、日本政府の招請があれば訪日を前向きに検討する意向を示した。平壌への出発前に中国・北京の空港で記者団に語った。

 日朝合意を受け、日本側も拉致問題再調査の検証要員を訪朝させる方針で、拉致被害者などに関する北朝鮮の特別調査委員会設置など合意内容が順調に履行されれば、日朝の関係者往来が活発化する可能性が出てきた。

 宋氏は前向きな姿勢を見せた上で、「双方が今後、誠実に努力することが重要だ」と述べ、日本側にも制裁緩和など合意内容の履行を促した。