北朝鮮のミサイル発射に備え、航空自衛隊・武山分屯基地に配備されたPAC3(10日午前、神奈川県横須賀市で、読売ヘリから)=横山就平撮影

 防衛省は弾道ミサイルが首都圏に飛来する場合に備え、各地に航空自衛隊の地対空誘導弾「PAC3」を配置している。

 神奈川県横須賀市の武山分屯基地では、発射機が上空ににらみを利かせていた。日本海には迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス護衛艦2隻を派遣。海と陸から二段構えで備えている。