拉致議連総会で挨拶する平沼赳夫会長(左から3人目)と、拉致被害者家族ら=2日、衆院第1議員会館(写真:夕刊フジ)

 北朝鮮が理不尽極まる通告をしてきた。国連人権理事会で日本が拉致問題を取り上げたことや、日本の警察当局が朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長宅を家宅捜索したことについて2日、日本政府の対応を非難し、日朝政府間協議中断の意向を示す通知を日本側に送付したのだ。日本では猛反発が広がった。

 「一言でいうと(日本が)ナメられている」

 超党派の国会議員による「拉致議連」の総会(2日)で平沼赳夫会長はこう言い切った。

 北朝鮮は日本政府との非公式協議で、拉致被害者の安否情報を欠いた報告を日本側に打診するなど、初回報告の先送りを繰り返している。協議中断の意向を示すことで、日本側を牽制する意図があるとみられる。

 これに対し、岸田文雄外相は2日夜、「(通知は)全く受け入れることはできない」「(再調査の)通報を速やかに正直に行うことを求めていく立場に変わりはない」と強調した。