元山の位置とミサイルの飛距離

 防衛省は22日午後、北朝鮮が同日午前に発射した2発のミサイルの2発目に関し、1000キロを超える高度に達した上で、北朝鮮東岸の発射地点の北東約400キロの日本海に落下したと発表した。防衛省は中距離弾道ミサイル「ムスダン」と推定されるとし、「中距離弾道ミサイルとしての一定の機能が示された」と分析。「我が国の安全保障に対する深刻な懸念だ」との見解を示した。

 これを受け、中谷元(げん)防衛相は「一層の緊張感を持ち、引き続き情報収集・警戒監視に万全を期せ」と自衛隊に指示した。

 韓国軍によると、北朝鮮は22日午前5時58分(日本時間同)と同8時5分、北朝鮮東部・元山(ウォンサン)付近の日本海沿岸で「ムスダン」と推定されるミサイルをそれぞれ1発ずつ発射。2発を含め4月以降に計6発発射したことになる。これまで連続して失敗していたが、今回は技術的に進展した可能性がある。聯合ニュースによると、1発目は150キロほど飛行し、爆発した。【村尾哲、ソウル米村耕一】