集会で発言する拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん=1日午後、茨城県那珂市

 北朝鮮による拉致問題の解決を訴える政府主催の集会が1日、茨城県那珂市の公民館で開かれ、拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(75)は日朝両政府が合意した拉致問題の再調査について、被害者家族の高齢化を念頭に「とにかく急いでほしい」と訴えた。

 集会には約560人が参加。飯塚さんのほか横田めぐみさん=失踪当時(13)=の父滋さん(81)、母早紀江さん(78)、中山恭子参院議員らが出席した。

 早紀江さんは「今までになく希望が湧く思いがして期待はするが、(北朝鮮には)大丈夫と思ったときに覆されてきたので、だまされてはいけない」と述べた。