伊勢神宮外宮正殿を参拝された天皇陛下(26日午前10時48分、三重県伊勢市)=稲垣政則撮影

 三重県を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日午前、伊勢市の伊勢神宮の外宮を参拝された。

 雨の中、モーニング姿の天皇陛下は傘を差し、外宮の行在所(あんざいしょ)から、ご神体が祭られる正殿まで、約300メートルの参道を歩いて進まれた。式年遷宮で昨年新しく建てられた正殿の前に立ち、玉串をささげて拝礼された。玉串は、陛下の姉の池田厚子・神宮祭主(83)を通じて供えられた。続いて皇后さまも参拝された。

 皇居から携行された剣璽(けんじ)は、宿泊先の内宮行在所に安置されたままで、参拝の列には加えられなかった。