天皇誕生日を祝う茶会で各国の駐日大使らと歓談される天皇、皇后両陛下=宮殿・春秋の間で2012年12月23日(代表撮影)

 天皇誕生日の23日、皇居で一般参賀があった。79歳となった陛下は午前に3回、宮殿・長和殿のベランダに立ち、集まった人たちの祝意に応えた。皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻も姿を見せた。宮内庁によると、この日、同庁舎前の記帳も含め約2万8000人が皇居を訪れた。

 陛下はあいさつで昨年に続いて東日本大震災に触れた。「多くの人々が被災地を訪れるなど被災者のために力を尽くしてきたことは、非常に心強いことでした。今日ここに来られたみなさんの中にも、被災者のためにさまざまに心を使ってきた人々がおられることを思い、ここに感謝の気持ちを表します」とし「これからも私どもは被災者のことを思いつつ、国民みなの幸せを願って過ごしていくつもりです」との気持ちを示した。

 また、2月に受けた心臓の冠動脈バイパス手術に関し「現在は普通と変わりなく生活していますので、どうか安心してください」と述べた。【真鍋光之】