三陸復興国立公園の「岩井崎」を訪問された天皇、皇后両陛下=23日午後、宮城県気仙沼市(代表撮影)

 大震災の復興状況を視察するため宮城県に滞在中の天皇、皇后両陛下は23日午後、奇岩や吹き潮で知られる気仙沼市の岬「岩井崎」を訪問された。

 江戸時代の地元出身の横綱、秀ノ山雷五郎の銅像が津波にも耐えて立っているのを見て、皇后さまは「やっぱり横綱は強いのね」と感慨深げ。担当者が「地元では『残った、残った』と言われています」と紹介すると、笑顔を見せた。