ニジェールのイスフ大統領との会見に臨まれる天皇陛下=19日午後、皇居・御所(代表撮影)

 天皇陛下は19日午後、来日しているニジェールのイスフ大統領を住まいの皇居・御所に招き、約20分間にわたって会見された。

 宮内庁によると、初めて来日した大統領は「日本の先進性と国民の温かさを実感することができました」と述べた上で、これまでに日本から約700人が青年海外協力隊として活動してきたことを紹介。「ニジェール国民のために貢献してくれたことに感謝しています」と伝えた。

 陛下は「それを聞いて大変うれしく思います。皇太子時代には協力隊の人たちにお会いしていましたので親しみを感じます」と応じたという。