パラオに出発される天皇、皇后両陛下=8日午前、羽田空港

 天皇、皇后両陛下は8日午前、戦没者を慰霊するため、羽田発の民間チャーター機で太平洋の島国パラオへ初めて出掛けられた。戦後70年の「慰霊の旅」として、太平洋戦争の激戦地となったペリリュー島で9日、日米双方の慰霊碑に供花し、拝礼する。

 天皇陛下は、出発に先立って空港の貴賓室で催された行事であいさつ。ペリリュー島で日本軍の守備隊約1万人が戦死し、米軍にも多数の犠牲が出たことに触れ「悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います」と平和への思いを述べた。

 両陛下が戦没者慰霊を目的として海外を訪問するのは、戦後60年のサイパン以来、2度目。