国立沖縄戦没者墓苑で供花される天皇、皇后両陛下(26日午後、沖縄県糸満市で)=浦上太介撮影
 天皇、皇后両陛下は26日午後、空路で沖縄県に入られた。

 70年前の太平洋戦争中に撃沈された学童疎開船・対馬丸の犠牲者を慰霊するための訪問で、本島南部の激戦地・糸満市摩文仁の沖縄平和祈念堂と国立沖縄戦没者墓苑を訪ねられた。

 この日は、梅雨明けと重なり、沖縄は本格的な真夏の暑さに。スーツ姿の両陛下は、戦没者墓苑で出迎えた十数人の遺族会役員の一人一人に「長年、遺族のために尽くされてご苦労さまでした」などとねぎらわれた。続いて沖縄戦の戦没者の遺骨を納めた納骨堂の前で一礼し、白菊の花を供えられた。

 両陛下の沖縄訪問は10回目で、毎回、到着した日に激戦地を訪ねられている。27日には那覇市の対馬丸記念館を訪問し、生存者や遺族と面会される。