渡良瀬遊水地を散策される天皇、皇后両陛下(21日午後、群馬県板倉町で)=鷹見安浩撮影

 天皇、皇后両陛下は21日、私的旅行で栃木県を訪れ、渡良瀬遊水地を散策された。

 遊水地は、足尾銅山からの鉱毒が流れ出るのを防ぐために作られ、ヨシ原が広がる湿地は2012年にラムサール条約に登録された。

 この日は雨で、両陛下は傘を差しながら展望台から遊水地を一望し、ヨシ原の小道を散策された。皇后さまは「随分、鳥の声が聞こえる。オオヨシキリの声」と弾んだ声を上げられた。

 その後、両陛下は、銅山鉱毒問題で明治天皇に直訴した田中正造の資料を展示する佐野市郷土博物館を訪問。天皇陛下は、直前まで筆を入れたため訂正印がいくつも押された直訴状を見つめ、「赤いのが訂正印ね」と確認されていた。