土砂災害で自宅を失った町民らが暮らす北の山応急仮設団地を訪問し入居者に声をかける天皇陛下。奥は東京都の舛添知事=2月28日午後2時18分、東京都大島町(代表撮影)(写真:産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は28日、昨年10月の台風26号による土石流災害で39人の死者・行方不明者が出た伊豆大島(東京都大島町)を日帰りでご訪問。仮設住宅で被災者らを見舞い、復興に尽くしている人々の苦労をねぎらわれた。

 特別機で同島に入った両陛下は、25世帯54人が入る「北の山応急仮設団地」を訪ね、集会所に集まった被災者らの話に、腰をかがめ耳を傾けられた。娘の那知芳枝さん(45)を亡くした那知雄司さん(75)が「娘の夫も行方不明のまま」と涙を浮かべると、陛下は「心配でしょうね」とうなずかれた。

 これに先立ち、犠牲者が集中した元町神達地区で家屋跡やつぶれた自動車などが残る現場を視察、黙とうをささげられた。川島理史(まさふみ)町長によると、陛下は荒れ地のように広がる現場に「家の跡ですか」「広い範囲ですね」と話されたという。