インド・ニューデリーに到着し、出迎えのシン首相と握手される天皇陛下=30日(代表撮影・共同)

 【ニューデリー共同】インド公式訪問に向け政府専用機で羽田を出発した天皇、皇后両陛下は30日夕(日本時間同日夜)、ニューデリーのパラム空軍基地に到着された。

 両陛下は約9時間のフライトにも疲れた表情を見せず、笑顔でタラップを下りて出迎えたシン首相と握手。少し言葉を交わした後、車で宿泊先のホテルに向かった。外務省によると、インドでは外国賓客を首相が出迎えるのは異例で、最大級の歓迎の表れという。

 滞在中、国賓として大統領官邸でムカジー大統領による歓迎式典や、大統領ら主催の晩さん会が催される。