4年ぶりの大相撲観戦で国技館内に入られた天皇、皇后両陛下=18日午後、東京都墨田区(蔵賢斗撮影)(写真:産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は18日、東京都墨田区の両国国技館を訪れ、大相撲初場所の8日目を観戦された。平成23年の初場所以来4年ぶり。

 この日の中入り後の取組計10番を貴賓席から身を乗り出すようにして見つめ、勝負が決まるたび拍手を送られた。日本相撲協会の北の湖理事長によると、4年ぶりの観戦となるなか、陛下は21歳の関脇逸ノ城を「ずいぶん若いですね」と話され、皇后さまは横綱が3人とも勝ったことについて「強かったですね」と話されたという。

 ご観戦は恒例だったが、陛下が24年に心臓手術を受けられたほか、相撲協会が不祥事の影響もあって公益財団法人への移行が昨年1月に遅れ、協会側はお招きを自粛していた。