剣璽(後方)と共に出発される天皇、皇后両陛下(25日午前、JR東京駅で)=米山要撮影  天皇、皇后両陛下は25日午前、三重県伊勢市の伊勢神宮に参拝するため、JR東京駅を新幹線で出発された。  昨年、式年遷宮が行われたことを受けた私的な訪問で、皇位の印とされる三種の神器の剣璽(けんじ)が携行された。剣璽が皇居の外に出るのは、前回の式年遷宮後の参拝以来、20年ぶり。  両陛下は午前10時50分頃、東京駅のホームに到着。すぐ後ろに、黒いケースに入った剣と璽(曲玉(まがたま))を恭しく持った侍従2人が付き従った。  三種の神器は剣、璽、鏡で、皇位とともに継承されてきた。  両陛下は26日に伊勢神宮の外宮と内宮を参拝し、27日に式年遷宮の資料館「せんぐう館」などを視察した後、28日に帰京される。