春の園遊会で天皇、皇后両陛下と歓談するノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇・名城大終身教授(右から2人目)=東京都港区の赤坂御用地で2015年4月21日午後2時35分、長谷川直亮撮影

 天皇、皇后両陛下が主催される春の園遊会が21日、東京・元赤坂の赤坂御苑であり、招待された約1800人が出席した。曇り空の下、両陛下は皇太子さまら皇族方と会場内を歩き、出席者と笑顔で懇談した。

 東日本大震災で被害を受けた三陸鉄道(岩手県宮古市)の望月正彦社長(63)は昨年4月に全線復旧したことを報告した。天皇陛下は「地域の人も喜んでいるでしょうね」と声を掛けた。

 福島第1原発事故で一部が避難指示区域になっている福島県川俣町の古川道郎町長(70)は「復興が一歩一歩前に進んでいます」と現状を説明した。陛下は「被災者も高齢化してくるから、いろいろ配慮をされないといけない」と話し、皇后さまも「お体に気をつけてね」と気遣った。