「西太平洋戦没者の碑」に供花した後、アンガウル島(奥)に向かって拝礼される天皇、皇后両陛下=9日、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 戦後70年にあたって天皇、皇后両陛下は9日、約1万人の日本軍守備隊が戦死した激戦地、パラオ共和国ペリリュー島をご訪問。同島に日本政府が建立した「西太平洋戦没者の碑」に供花し、拝礼された。米軍の慰霊碑にも黙祷(もくとう)し、全ての戦没者を追悼された。海外での「慰霊の旅」を果たされたのは、戦後60年だった2005(平成17)年の米自治領サイパンに次いで2度目。

 両陛下は、前夜にコロール島沖で宿泊先とした海上保安庁巡視船からヘリコプターでペリリュー島に入られた。日本から運ばれた白菊の花束を碑の前に手向け、深く礼をされた。日本軍約1200人がほぼ全滅したアンガウル島の島影にも頭を下げられた。

 ペリリュー島とアンガウル島の戦闘から生還した元日本兵2人に、陛下は「ご苦労さまでした」と声をかけ、改めて苦労をしのばれた。両陛下は日本から参列した戦没者遺族らとも言葉を交わされた。

 両陛下は次いで「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」でも白い花輪を供えてご黙祷。1944(昭和19)年9月に上陸した米軍と激しい攻防が行われた「オレンジビーチ」もご覧になった。